English Page

会社沿革

外観

小林製作所は1919年から続く会社で、以前は金沢市でボルトなどを製造しておりました。 戦後になりボルト需要が減少する中で、板金・塗装の事業を立ち上げ生産を開始し、 その後、生産設備などの需要の高まりに合わせて、減少傾向にあったねじ部門は廃止し板金塗装事業を主軸としました。 80年台になり、世の中コンピュータが出回り始めると、いち早く生産に取り入れて活用し、現在のIT・ICTを活用する風土へと進んでいきました。 21世紀になった現在も常に時代の最先端を目指し、職人とコンピュータのさらなる共生発展を目指し日々躍進しております。

1919年 小林賰三 金沢市にて繊機用、車両、工作機械用ボルト・ナット専門製造業を創業。
1958年 通産大臣より"日本標準規格JISマーク表示工業"の指定を受ける。

小林康治 社長就任(2代目)
1981年 塗装部門を増設。最新の設備を導入し、板金、前処理、塗装、焼付けの一貫ラインが完成。
1982年 石川県の都市計画事業により金沢市内に工場を全面移転し、設備を増強。
受注ソフトSopaK開発。
1988年 ねじ部門を大幅に縮小し、板金工場内の合理化拡充。
CADCAMソフトCAD WORLD開発。
1989年 板金部門の品質管理及び生産拡大の為、ねじ部門を廃止。
1990年 PEGA357+LUL導入。
1991年 小林靖典 現社長就任(3代目)
1992年 石川県知事より石川ブランド優秀新製品賞受賞(生産管理ソフトSopaK)。
1994年 FBDIII-1253FS導入。
1996年 ASISネットワーク(AP100、PCL)導入。
2001年 横江新工場設立。APERLIOIII-357NT+ASR導入。
2002年 社内のコンピュータとIT活用が認められ金沢市IT大賞受賞。
2004年 HDS8025NT、BEND/CAM導入。
2005年 YAGレーザー溶接機新規導入。 白山市水島町に社屋工場新設移転。 シングル抜加工機HMX、材料自動搬送機I-MARSを導入し事業を拡大。

2008年 環境マネジメントシステム KES 取得。
2010年 中部IT経営力大賞2010 最高賞受賞。 IT経営力大賞2010 IT経営実践認定企業。 パンチ・レーザー複合機C1導入。
2011年 「全自動画像コマ撮りシステム Sopak-C」 平成23年度石川ブランド優秀新製品 情報産業部門 金賞受賞。
2012年 IT経営力大賞2012 経済産業大臣賞(最高賞)受賞
2013年 溶接工場増設およびファイバーレーザー溶接ロボットを導入により溶接部門拡充。
2014年 「Sopak Lite」がプレミアム石川ブランド製品認定を受ける。
2015年 北側工場増設、ハイブリッド溶接機、曲げロボットの導入など生産設備を拡充。

受賞履歴

小林製作所はITを活用したものづくりで様々な賞を頂いております。

1992年 石川ブランド優秀新製品賞受賞(生産管理ソフトSopaK)
2002年 金沢市IT大賞受賞
2010年 中部IT経営力大賞2010 最高賞受賞
IT経営力大賞2010 IT経営実践認定企業認定
2011年 石川ブランド優秀新製品 情報部門 金賞受賞(全自動コマ撮りシステムSopak-C)
2012年 IT経営力大賞2012 経済産業大臣賞(最高賞)受賞
2014年 プレミアム石川ブランド製品認定(SopakLite)

電話でのお問い合わせはこちら

076-277-7330

受付時間:8:00-17:15