Sopak-Cの特長

「過去」の現場が見える

素早く過去を見直して、問題点を発見し、改善につなげる。
これからの時代の製造現場の心強い味方。それが高速・軽快なカメラシステム「Sopak-C」です。

ビデオで撮っても作業記録しても「大変」で「時間がかかる」から、後からそれを見直すことほとんどありませんでした。

だから、「簡単」に「素早く」過去を見直せる。そんなカメラシステムを作りました。それがSopak-Cです。

Sopak-Cは、まるで過去にタイムスリップしたかのように過去の現場を見ることができます。 それを可能にしたのは、

  • 「高速で過去の作業を閲覧できる」
  • 「直感的な操作で目的のシーンを発見できる」
  • 「任意のシーンを複数並べて同時に閲覧できる」

これらの機能がSopak-Cにあるからです。

長期間自動記録

作業の問題点や物の流れを分析するためには長期間の記録が必要です。
Sopak-Cはコマ撮り静止を連続撮影、撮影間隔を設定できるので、非常に長い期間の撮影ができます。

1年も2年も前のシーンを見たいけど、保存したテープどこに収納したんだろう?

Sopak-Cならそんな悩みから開放されます。

自動で撮り続け、撮影間隔次第では100台のカメラでも数年記録し続けられます。

  • 「短くても濃密に記録したい」
  • 「出来る限り長く記録したい」

その両方に応え、カメラごとに撮影間隔を自由に設定*1できる、それがSopak-Cの利点です。

しかも、日時やその他の情報から、素早く目的の瞬間を探しだすことができます。 また、ずっと撮っているので、ビデオを構えて撮るのと違い、作業者の自然な作業が撮影できます。

「今」の現場も見える

他の工程の作業がどこまで進んでいるのか分かれば、生産計画を立てやすくなります。
Sopak-Cは現在カメラが写しているものも、過去の作業を見ながら同時に見ることができます。

記録を見るだけではなく、今の現場を見ることもできるのがSopak-Cです。

前の工程からなかなかものが届かない。どこまで進んでいるのだろうか?そういう疑問はSopak-Cを使うことで解決できます。

素早くカメラが写している現場の様子を把握出来ます。

素早い現状把握によってすぐに生産計画を立てることができ、短納期を実現できます。

高いファイル互換性

撮ったのはいいけど、いろいろな用途や環境で記録したデータを使えないと会社では使い物になりません。
レコーダーに撮ったものを、専用ソフトを通してデータを変換するのなんて面倒。
でも大丈夫。Sopak-Cのはデジタルカメラの写真と同じJPEG画像ファイルなので、取り扱いが簡単です。

撮影したデータを改善会議で使いたい。そんな事があると思います。

「カメラシステムでレコーダーに撮ったのはいいけど、どうやってこのシーンだけプレゼン資料に貼ろうか?」

それに時間がかかっていてはせっかくのデータも使えません。

Sopak-Cはシンプルです。表示している画像をコピーして資料に貼り付けるだけ。
これでカメラ画像を入れた書類を作るために、わざわざ動画からキャプチャする必要がなくなります。

他にも、

  • 「これらの画像をコピーして、USBメモリに保存」
  • 「ここからここまでをWindows Live ムービーメーカー*2に貼り付けて動画に変換」
  • 「この日のこのカメラの画像を丸々コピー」

なんてことが簡単にできます。

作業に名前をつけて記憶・共有

改善会議で使う際に、予め見た事がある箇所を、また日時を指定して見るのは手間になります。
Sopak-Cでは作業のワンシーンに対して、名前を付けて保存し、LAN経由で情報の共有ができます。

他の人に作業シーンを見せたいのに、見たシーンを忘れてしまった。ということはSopak-Cならありません。

範囲選択した目的の作業に名前をつけて記憶し、社内ネットワークで一覧として共有、再びそのシーンを素早く表示できます。

それはとても柔軟かつ軽量で、画像による作業手順書として活用できたり、作業の正確の時間を測ったり、作業比較に使ったりできます。

利用者の発想次第で様々な用途に活用できます。

生産管理と連携*3

この品物をどうやって作ったか知りたい、と思うことはきっとあるはずです。
生産管理データベースと連携することで、Sopak-Cはそれを可能にします。

直感的な操作だからといっても、わざわざ狙った作業を探すのは大変かもしれません。

でもSopak-Cならば、生産管理のデータベースと連携することで、製品からそれを 「どうやって」 作ったかをすぐに見ることができます。

生産管理の進捗とリンクしてその時の作業画像を表示する機能はSopak-Cの特許であり、他社にはありません。

連携は、生産管理データベースにカメラIDと開始・終了時刻の情報を入れることでできます。

拡張性が高い

生産現場は常に変化し続けるものです。
カメラを増やしたい。場所を変更したい。
カメラ数に制限がない*4Sopak-Cならそんな要望にも応えます。

あっちにもこっちにもカメラを追加したい。ここを撮る必要がなくなったからこっちに移したい。

使い始めると必ず、そんな要望が出てきます。

Sopak-Cはネットワークにつながる限り何台でもカメラを増やせます。カメラの場所も後から変更できます。

カメラが増えてきて、一つのサーバーで処理しきれなくても、サーバーを増やすことで対応できます。

補足事項


*1:カメラの機種によって異なります。いずれの機種も毎秒1枚~1時間に1枚の間で設定可能です。

*2:「Windows Live ムービーメーカー」はマイクロソフト社製の動画編集・作成ソフトウェアです。

*3:生産管理との連携はご使用のデータベースによって方法が異なります。
  また、データベースにカメラIDなどの情報を追加する必要がありますのでご相談下さい。

*4:カメラ1台ごとに固定でIPアドレスが必要なため、ネットワークに繋がるだけカメラを接続することできます。
  処理速度の関係で、撮影間隔により、一台のサーバーに繋がるカメラの最大数はある程度決まります。
  撮影間隔を長くするほど多くのカメラを一台のサーバーにつけることができます。
  サーバーの台数を増やすことで短い撮影間隔でも多くのカメラをつなげることができます。

小林製作所のサイトへ