Sopak-Cの活用例

製品不良の原因の特定に

不良が発生した際の様子を見ることで、原因・範囲などが特定できます。
また、見てもわからない場合でも、その様子を作業者に見せることで思い出すことがあります。

作業の動作確認に

標準動作に則って作業しているかや、どのくらい時間がかかっているかなどを見ることができ、 無駄や問題点などを見つけ、作業の改善につなげることができます。

長期に渡る物の流れの把握に

長期間記録できるため、長い間隔でものの流れを見ることができます。
流れの滞りや無駄な部分を見つけて、改善につなげることができます。

現状の把握に

離れた現場の様子や製品の進捗などを把握できます。
それによって生産計画を立てやすく、短納期につながります。

作業比較に

違う時にした同じ作業同士を比較したり、作業者ごとの作業の仕方や時間を比較したりでき、 作業の一般化や効率化につなげることができます。

管理者の目の届かない時の把握に

管理者がいない時も自動で記録し続けており、記録をスピーディに見直すことができるため、 後からその時どんな作業をしていたかを把握することができます。
また、現状をそのまま見ることが出来るため、間違った評価をせずに社内の雰囲気を良くすることができます。

フードディフェンスに

食品の異物混入などの防止にカメラによる画像記録は役立ちます。

作業手順書に

ベテランの作業を記録し、それを新人が見ることで、視覚的に分かりやすい作業点順書として活用できます。

物の紛失の抑止に

撮り続けているため、誰が物を持っていったか分かり、物の紛失を抑止できます。
また、持っていった人が忘れていても、画像を見せることで思い出すことがあります。

作業意識の向上に

作業が常に見られているという意識を持ち、作業に集中できます。
作業現場だけを固定で撮影することで、休憩中はそこから離れることで落ち着いて休憩でき、仕事にメリハリが付きます。
作業者自身が自らの作業を見直すことで、客観的に自分を見ることができ、問題発見・解決につながります。
頑張っている作業者を見て、正しく評価することで作業者のやる気が向上します。

小林製作所のサイトへ